2019年09月10日

家庭医をかかりつけにするとよいわけ 「HPV(子宮頸がん予防)ワクチンの勧め:高校1年女子は9月末が開始期限」

診療所の機関誌に連載されている、今月の「診察室」の記事です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                                         高茶屋診療所所長 宮崎 景

 まだまだ暑い日々が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。今回は小6から高校1年の女子とそのご家族への重大なお知らせです。

 皆さんは、HPV(子宮頸がん予防)ワクチンについてご存知でしょうか?

現在日本では1年間に1万人の女性が子宮がんを発症し、2700人ほどが亡くなっています。

子宮頸がんの多くは性交渉によるHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染が原因で、このウイルスに感染する前にHPVワクチンをうつことで、子宮頸がんを7割減らせると言われています。

つまり対象者全員がワクチンをうてば1900人ぐらいが毎年命を救われる計算です。

2013年に一部マスコミがHPVワクチンによる副反応(ひどい痛みの後遺症など)を報道してから、厚生労働省が積極的な勧奨をやめた影響で、接種率が70%から1%未満に下がったままとなっています。

あれから6年、「副反応はHPVワクチンが原因であるとはいえない」という医学的結論が出て、WHO(世界保健機構)も安全性を保証していますが、未だ政府は動こうとしません。

 みなさんの中で誤解があるかもしれませんが、現在HPVワクチンは定期接種の扱いのままとなっており、小6〜高1の間に3回うてば全て無料(自治体が負担)です。

それを過ぎてしまうと5〜6万円の自己負担となります。

では、なぜ皆さんが注射をうたないかと言うと、積極的勧奨、つまり予防接種の案内の通知が自宅にとどかないからです。

自分で市町村(津市は健康づくり課か各保健センター)へ申請して接種票を送って貰う必要があるのですが、知らされないからうたない、その結果として毎年7000人が余分に子宮頸がんにかかり、1900人の命が失われるのです。

 HPVワクチンを3回うち終えるには、開始から半年かかります。

つまり高校1年生は遅くとも9月末までに1回目をうつ必要があります。高茶屋診療所でもHPVワクチン接種を行っています。

ぜひご相談ください。

ちなみ私の長女も昨年、高校1年のときに接種を終えています。
posted by 高茶屋CL at 14:40| 三重 ☔| 予防医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

MRワクチンの勧め

風疹が大流行しています

関東、関西に集中していた流行も三重の地まで広がってきています

当院でも風疹の発生を確認しています

大人がかかっても、「軽い風邪」程度ですむことの多い風疹ですが

妊婦さんがかかると、産まれてくる赤ちゃんが先天性風疹症候群という状態になり

重篤な後遺症を残します

ワクチンが全国的に品薄ですが、妊娠する可能性のある女性及び妊娠する可能性のある女性と同居している若い男性は、ワクチンの接種をお勧めします

当院でも、順次ワクチン接種を行っています

ちなみに本日、地元選出の田村厚生労働大臣が「特別な対応を取るところまでは来ていない」と発言されたというマスコミの記事が出ております


風疹:田村厚労相「特別な対応取らず」 患者1万人突破で
毎日新聞 2013年06月18日 11時29分(最終更新 06月18日 12時44分)
http://mainichi.jp/select/news/20130618k0000e040182000c.html




大変残念な発言で、軌道修正して頂けるよう先ほどメールで要望書を提出いたしました


posted by 高茶屋CL at 21:00| 三重 ☔| 予防医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

子宮頸がん検診とHPVワクチンのすすめ



利益相反を考えて、製薬会社さんとあまり仲良くしないように気をつけていますが

子宮がん撲滅のために、今回は彼らのキャンペーンに少しのってみました


日本で行われているがん検診の中で、その有効性が医学的に、確実に、証明されているのは大腸がん検診と子宮がん検診です

そんな子宮がん検診の受診率を皆さんご存知ですか?








。。。 たった24.5%(2009年)です

なんと4人に1人しか受けていません


一方外国では
 アメリカ 86% (2008年)
 イギリス 79% (2009年)
 韓国 65% (2009年)


日本の受診率がいかに低いか分かります

ちなみに三重県では 25% (2010年) です

そこで高茶屋診療所でも今年から子宮がん検診を受けていただけるようにしました

7月から開始予定です

予約制ですので、先に電話(059-234-5384)などでお問い合わせ下さい

もちろん「子宮がんワクチン」の受付も行っています


------------------------------------------------------------------


P.S. 子宮がんワクチンの某宣伝サイトで「唯一の予防できる癌」とありますが、正確には「B型肝炎ワクチン」で肝臓がんの予防もできます

B型肝炎ワクチンの対象者は新生児から大人までですが

残念ながらワクチン後進国日本では任意ワクチンとなっており、あまり受けていただけていないのが現状です

ということで、高茶屋診療所ではB型肝炎ワクチンを積極的にお勧めするキャンペーンも企画しています

こちらも是非お問い合わせください
posted by 高茶屋CL at 01:02| 三重 ☔| 予防医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする