2018年06月29日

今日のひとこま

こんばんは!
看護師うえだです(uωu*)


昨日で、実習に来てくれていた5年生の医学生さん・看護学生さんの1ヶ月の実習が終了しました!


そして、今日は6年生の医学生さんも最終日でした!


高茶屋診療所は研修センターという役割も担っています。


なので患者様にはいつも、実技や問診等ご協力いただき、本当にありがとうございますm(_ _)m


何事も経験だと思いますが、今回の実習生さんの印象的なことは「座学だけでは学べないことを沢山学べました!」と言ってくれたことです!


これは、患者様の協力なしでは学べないことですので、スタッフみんなで感謝しています(uωu*)ありがとうございます!


話は変わりますが、、、
今日のお昼休み、油性ペンを探しだす学生さん。


どうしたのか聞いてみると、所長のサインが欲しいって(o゚Д゚ノ)ノエェー!!!


「ほんまに?ほんまに欲しい?」と再確認してしまいました、、、笑


↓サインどうするか考え中~笑
20180629220524281.jpg


毎日毎日、ごく普通に仕事をして、ご飯を食べて、普通に過ごさせていただいているので、すっかり忘れがちですが、、、


宮崎所長先生は総合診療でも有名な先生なようです(´ー`A;)!!!たぶん。


学生さん達が勉強する本を執筆してたりするんですね~★


↓サインだけじゃ寂しいので記念撮影♪
20180629215926303.jpg


学生さん達、実習お疲れ様でした(^○^)
いつか一緒にお仕事できると嬉しいです♪


たまに、診療所のひとこま載せていこうと思います(^-^)/

《お知らせ》
・7月からの健診の予約が始まっています!市から届いた封筒をご持参の上、来院・ご予約よろしくお願いいたしますm(_ _)m

・7/21(土)14:00~16:00
今年もキッズクリニック開催します!
詳細は高診まで♪
posted by 高茶屋CL at 22:09| 三重 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月03日

総合診療医とは 紹介ビデオ

総合診療医の紹介ビデオです (プライマリ・ケア連合学会作成)

posted by 高茶屋CL at 21:51| 三重 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

家庭医をかかりつけにすると良いわけ 「高茶屋診療所の敷地内は電子禁猟区にしません」

まちかど8月号より転載

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

季夏の候、みなさまいかがお過ごしでしょうか?今回は「運動習慣」について書きます

表題をみてどのくらいの人がピンと来ましたか?

7月22日からポケモンGOというスマートフォン用のゲームが日本で解禁となりました

連日スマートフォンを片手に、多くの人が街を歩き回って、ゲームに熱中しています

危険な歩きスマホや、スマホのゲームをやって欲しくない場所への立ち入りなどが社会問題となっており、多くの病院や大学では「敷地内は電子禁猟区」などという張り紙をして、自粛を促しています

日頃より糖尿病、肥満などの生活習慣病の方に、治療の一環として定期的な運動習慣を促すのが、私の外来での常なのですが、人が行動を変えるのは簡単ではないことは嫌というほど実感しています

行動科学という学問領域があり、その中で人が行動を変えることを「行動変容」と呼んでいます

「行動変容」を促すためには、様々な働きかけがあり、それを効果的に外来で使えば、皆さんの行動を変えられるということが、教科書には書いてあるのですが、現実世界では簡単にはいきません

それがどうでしょう!

普段、家でゴロゴロとゲームばかりしている若者が、大挙して公園に押し寄せ、「今日は15km歩いた」などとテレビのインタビューで誇らしげに話しているではありませんか

たまたま私が出張で通りがかった名古屋の鶴舞公園は、ポケモンGOをする人たちが集まるメッカのような状態になっており、花見のシーズン以上の人で賑わっていました

中には初老の男性と孫と思しき男の子が一緒になって歩き回っていたり、家族6人でポケモンをしている家族連れもいました

ニュースでは熱狂する人々を、危ないとか、不謹慎とか、悪い面を強調する報道が多かったのですが、私は逆の感想を持ちました

楽しければ、熱中することがあれば、人はこんなに運動するのだということを思い知らされたのです

昔、肥満の中学生を痩せさせるための運動プログラムにWii Fitを取り入れたという、医学論文があったことも思い出しました

いくら理屈をこねて、いろいろ試行錯誤しても「楽しい」ということが圧倒的に大事なのだと思い知りました

そして医療における「行動変容」を促すプログラムの大きなヒントになったのではないかと思います

近い将来、同じようなコンセプトで、糖尿病の患者さんが運動を楽しくできるようなスマホゲームができるかもしれません


将来の夢はさておき、当院では敷地内のポケモンGOは禁止せず、逆に運動習慣を促す一つの方法として積極的に推奨したいと思います

お孫さんと一緒に、ポケモンを探しに散歩に出かけてみてはいかがでしょうか?

ただし、交通事故には十分気をつけてください

ポケモンGOに飽きて下火になってきたら、妖怪ウォッチGOもきっとリリースされると思いますので、当分は運動を楽しめそうですよ


ラベル:家庭医療 地域
posted by 高茶屋CL at 15:32| 三重 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする