2012年06月19日

子宮頸がん検診とHPVワクチンのすすめ



利益相反を考えて、製薬会社さんとあまり仲良くしないように気をつけていますが

子宮がん撲滅のために、今回は彼らのキャンペーンに少しのってみました


日本で行われているがん検診の中で、その有効性が医学的に、確実に、証明されているのは大腸がん検診と子宮がん検診です

そんな子宮がん検診の受診率を皆さんご存知ですか?








。。。 たった24.5%(2009年)です

なんと4人に1人しか受けていません


一方外国では
 アメリカ 86% (2008年)
 イギリス 79% (2009年)
 韓国 65% (2009年)


日本の受診率がいかに低いか分かります

ちなみに三重県では 25% (2010年) です

そこで高茶屋診療所でも今年から子宮がん検診を受けていただけるようにしました

7月から開始予定です

予約制ですので、先に電話(059-234-5384)などでお問い合わせ下さい

もちろん「子宮がんワクチン」の受付も行っています


------------------------------------------------------------------


P.S. 子宮がんワクチンの某宣伝サイトで「唯一の予防できる癌」とありますが、正確には「B型肝炎ワクチン」で肝臓がんの予防もできます

B型肝炎ワクチンの対象者は新生児から大人までですが

残念ながらワクチン後進国日本では任意ワクチンとなっており、あまり受けていただけていないのが現状です

ということで、高茶屋診療所ではB型肝炎ワクチンを積極的にお勧めするキャンペーンも企画しています

こちらも是非お問い合わせください
posted by 高茶屋CL at 01:02| 三重 ☔| 予防医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする